燕三条イタリアンBit燕三条本店様のWEBサイトのコピーライティングをしました

燕三条イタリアンBit燕三条本店様のWEBサイトのコピーライティングをさせて頂きました。
WEBサイトはコチラから。

この美しいWEBサイトは株式会社スリー様が手掛け、私はスリー様からの依頼で本プロジェクトに参画させて頂きました。

秋山シェフへインタビューをし、過去数年間のブログを読み、熱い想い、行動力、周囲を巻き込むエネルギーを強く感じました。
そして、料理にはおいしさはもちろんのこと、想像を超える喜びや感動をもたらすエンターテインメント性を盛り込んでおり、それがファンの心をわしづかみにしています。

そんな燕三条イタリアンBitの旗艦店にふさわしいキャッチコピーとして下記をつくらせていただきました。

五感で味わう新潟の鼓動
-Feel the Beating of Niigata-

レストランのWEBサイトとは思えないコンテンツ量でしたが、すべての文章一字一句に秋山シェフのエネルギーを込めて、レストランの、そして燕三条や新潟の魅力をお伝えしたいと思いコピーを制作しました。

2013年、新潟市中央区新島町通にて創業した燕三条イタリアンBit様。
「食を通して燕三条を伝え、新潟を熱狂させる」というユニークなコンセプトで、燕三条地域が誇るハイエンドのカトラリーや銅器を使って料理が味わえるイタリアンレストランをスタート。
その社会性のあるコンセプトと秋山シェフの想いや技術が詰まったBitは、各種メディアの注目を集め、多くの人に愛されるレストランへと成長しました。
2016年には銀座店をオープン、そして2019年3月に満を持して秋山シェフの出身地でもある県央地域に旗艦店をオープン。
燕三条地場産業振興センターの1階にあったレストランメッセピアがあった場所をリノベーションしてつくり上げた店内は、100席を超える大規模なレストラン。
プロジェクションマッピングで五感を使って料理が体感できる5Dルームなど、革新的な設備も備えています。
ぜひ新潟の魅力をBitで体感してください。

ABOUTこの記事をかいた人

Daily Lives代表。1983年生まれ。企画・編集・取材・コピーライティング・撮影と、コンテンツ制作に必要なスキルを幅広くカバー。紙媒体・WEBのコンテンツ制作を行う。趣味は旅行・アウトドア・温泉。